やっとさつまいもご飯を作ってみましたが、失敗してしまいました

前週、4年代赤ん坊が幼稚園の儀でさつまいも掘りを体験し、さつまいもを多彩持ってきました。
僕は断じてさつまいもが好きではなくさつまいもによる食物を創りませんでしたが、子供たちには成否無く食べてほしい結果、それではさつまいもを電子領域で温めて赤ん坊と共に食べてみたら、案外おいしいことに気が付きました。赤ん坊も半分くらい食べてくれたため、さつまいもによる食物を調べてめしに現すことにしました。

栗めしがあるように、さつまいもめしというものがあるのかなと憧れクックパッドで調べたら各種さつまいもめしの製法があるので、さつまいもめしを作ろうと思い立ち、ついでに惣菜はさつまいもやれんこんのてんぷらにしようと思いました。

お米を研いでさつまいもを切って、お酒といった塩分をちょっぴり入れて炊飯器物で炊き上げ、てんぷらにするさつまいもは初めて電子領域で温めてから揚げました。

めしができあがったときにダディが事業から帰ってきましたが、一番食べてほしい赤ん坊は寝てしまいました。
てんぷらは普通においしかったけど、さつまいもめしのお米が些か硬かったのが悪行だ。水は普通のめしを炊く数量を入れたのですが、それがまずかったのかな?と思い、今度作りあげるときは惜しくも水を多めにしてみようと思いました。
因みにフレーバーはめしにさつまいもを入れただけのような味気ないものになってしまったので、これも今度作るときはだしやめんつゆ等々入れてみようと思いました。

何にせよ、ついに作ったさつまいもめしは失敗してしまったけど、次回は美味しく作って赤ん坊に食べてください。環境に配慮したクルマをなるべく安く購入したい