サトイモコロッケを作ったら風味が小さくて、ついつい我が家のコロッケが欲しくなった

サトイモでコロッケを作っても美味しいよと聞いたので、直ぐ作ってみたところテーストがうすーい!
全くないわけじゃないんです、ちゃんとサトイモのテーストはしてるし、一緒に混ぜた輪切りウインナーのテーストもほのかに行なう。
も決定的にテーストがないんです。
おかしいなあ、きちんと味付けしたはずなのに、どうして思いっ切り塩気が足りない感じに仕上がっちゃったんですかね?
サトイモってそれほどテーストが付かない売り物なのでしょうか?

ともかく、しょう油をチョロっと垂らして食べたら一段とおいしくなったので、パフォーマンスオーライなんですけど。
けれども何だか摂るときに味付けしなくても美味いって言うのが念願なんですよね。
なるほど、喜ばしいコロッケが食べたくなってきました。

そう言えば前にお副食屋くんで買ったコロッケはかなり肉肉しい趣きでしたね。
塩気こしょうがきいていて、本当にお副食といった感じです。
それも美味しかったんですけど、住まいでは昔からコロッケと言えば少々甘めの味付けなので、ちょこっと小物足りませんでした。

甘辛く濃い目に味付けしたミンチといったポテトサラダを和えて、それに衣をつけて揚げてあるんですよ。
オヤツにもなるしオカズにもなるし、コロッケってホント優秀なごちそうです。
残りチーズが入ったのも良いですね。
チーズとジャガイモの命運ってべらぼうか。
ようやく食べたときは二度と衝撃的でしたよ、こうしたコロッケもありなのかって。

思えばクリームコロッケなるものがあるんですから、チーズが入ってたとしても何の疑惑も無いんですけど、そう言うことを忘れ去るくらいにチーズインコロッケは私の中で革新的な小物だったんです。

けれどもほぼ、でももちろん我が家のコロッケが一番なんですけどね。キャンセル料は不要です