ホラン千秋氏ってウエンツ氏の見分けがつかない

今どきTVを見ていて思ったのですけれど、ホラン千秋君は色調が白くて、かなりお肌の綺麗なヒューマンですね。
お父様がアイルランド人のハーフのヒューマンだということで、その抜き取れるような白いと言うのはお父様ゆずりなのですね。
サッとおっきい鼻筋といった、かわいらしい丸っこい目が、早道をよりかわいらしく見せるのだと思います。
現時点28年だと言うことですが、シミもそばかすもないように見える。
いまどきのTVははたして細部まで思えるので、お化粧を異常に太く塗って要る組み合わせまで断然見えてしまうし、分厚く塗ったメーキャップにシワが割れておる組み合わせもばっちり思えます。
も、ホラン君の人肌は白く細密で何とも自然に当てはまるので、お化粧で細工していない天性の白人の血液が混ざった愛らしいヤツですと思います。
そんなホラン千秋君という、歌手のウエンツ瑛士君を見間違えました。
こういうお両人、ヘアスタイルも似ていて、目鼻立ちも似ていて、「あ、ウエンツです」って思ったらホラン君で「ホランくんです」といった思ったらウエンツ君だったりする。
ウエンツ君もドイツ類アメリカンの父とのハーフだと言います。
お両人ともともかくヨーロピアンの血液が混ざっているのが迫る気分を編み出すのでしょうか。
ウエンツ君まで30年も過ぎているのに、TVで転送に映っても純白で艶々な人肌がねたましいだ。
俺など人肌は白いクライアントだと思いますが、防ぎきれないUVで今はそばかすに悩まされている。
ホラン君やウエンツ君ものの透き通る白い人肌がうらやましくて仕方ありません。車検費用を安くあげるためにする事はこちら